FC2ブログ

新しい火器がきました

胡蘭’s火器。
まずは、ケロ~っとなのケロ系からいきますと…

今、一番活躍しているのは、スベアNo.121Lです。44年位前のもの。
スベア

「THE KING OF STOVES」
そう言われただけのことはございます。
左に箱に入りますから、収納性よし。普通の料理には十分です。

スベア2

コンパクトながら、主張のある爆音。たまりませんですよ。
ニップルも、現行品のマスナルのがつかえますので、安心。
真鍮…これまたいいですわん。

次に、よく使うのが、写真中央、英国軍用 cooker No.12。
cooker12.jpg
(左:BAT 右:ダーリン’sエンダース9010)

見ての通り、存在感がある=安定感がありますので、大鍋料理をするときはこちらです。
風防があるのもうれしい。
これは、蒸気機関車のような燃焼音がたまりません。

…で、今年はもうちょっと使わなくちゃ…が、BATです。
BAT.jpg
1981年の「東独製」です。

火器の師匠・野良坊さんに教えていただきましたが、

HASAG⇒MEWA⇒BATにブランド継承とか。
戦後、HASAGが人民公社に移行され(同じ頃、スイスハサグが誕生)
MEWAが生まれ、その後BATというブランドへと変わっていき…
戦後の動乱の中で、「ハサグ」という血をを受け継ぎBATへと変わってい行く…
動乱の時代に翻弄された火器達の歴史の重みに、有る意味、感慨を覚える火器ですよ。

…とな。
こちらは、サイレントバーナーです。

いずれも、プレヒートの儀式をふみ、着火。
ケロの香りに萌~。
おほほ。たまりません^^v


ホワイトガソリン系でお気に入りは、コールマンGIストーブ。
GI.jpg
「コールマンGIストーブ1951年製・初期型」
ターボフィンの五徳形状と、やはり独特の燃焼音が憎いヤツです。



さて、これなる相棒がいますので、しばらく火器をオクで落とすことは自粛しておりますが…


このたび、アルコール燃料系。逝ってしまいました。
esbit1.jpg

昨日、ピンポ~ンと、届きましたよ^^v
ダーリンが結構トランギアを重宝しているのを見ていて、欲しくなりました^^;

esbitにしたのは…
esbit3.jpg
このように、本体、五徳、鍋&フライパン、固形燃料用の台が全てセットになっている。
さらに、お値段は4,830円♪(ナチュラムさん

コンパクトですので、ちょっとデイキャン!なんていうとき、
ダーリンと個々にラーメンなんか作っちゃったり…に、よろしかなっと。


相棒たちとの、次の出撃はGW。
GWは今年も、山梨のランドローバーEXです。
5月1日から2泊3日の予定。
それを楽しみに、仕事を頑張るぞ♪
もちろん、復興支援もです。頑張れ日本!!!
スポンサーサイト



プロフィール

ごたっこ胡欄

Author:ごたっこ胡欄
「まったり紀行」へようこそ!
夫婦&我が家のおぼったまで、まったりアウトドアを楽しんでいます。
よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR